乳児がいる場合は硬水は△

3月23日、東京都内の浄水場で乳児向け基準値を上回る放射性物質の検出されたことが発表されました。
関東では水道水に不安を感じて、ミネラルウォーターで赤ちゃんのミルクを作ろうとしているお母さんも多いと思います。

 

厚労省も「ミネラルウォーターは乳児に優先的に」との声明を出していましたが、赤ちゃんには良くない硬水のミネラルウォーターも多いのです。

 

乳児用ミルクをミネラルウォーターで作る際の注意が必要です。
基本的にミネラル値が高い硬水は赤ちゃんのお腹に良くない、またアルカリイオン水も好ましくないとされています。

 

森永乳業と明治乳業が水を乳児につかう際の指針を以下のように示しています。

 

森永乳業
  • 「森永 やさしい赤ちゃんの水」など調乳用が良い。
  • それが手に入らず、水道水も使えない場合は、ミネラルウォーターを煮沸し、70℃以上に冷まして調乳に利用する
  • 日本製のミネラルウォーターで、ミネラル含量が少ない(硬度が低い)軟水の使用をすすめる

 

明治乳業
  • 粉ミルクは、国内の水道水での調乳した場合に、母乳にできるだけ近く、十分なミネラルになるよう設計されている
  • 無機塩類(ミネラル)が多量に含まれているミネラルウォーターでの調乳は、赤ちゃんに負担をかけてしまう可能性がある
  • 水道水が問題なく使用できる場合は水道水を使用するべき。
  • 水道水が使用できない場合はカルシウム等のミネラルが少ない市販水を選ぶ。

 

水の硬度の値の目安は以下の通りです。
乳児がいる場合、硬水かどうかの判断は以下を見て確認してください。

 

水の硬度の目安値
硬度:60以下
pH:6〜8
Mg(マグネシウム):30mg/L以下
Na(ナトリウム):42mg/L以下
Ca(カルシウム):285mg/L以下
K(カリウム):367mg/L以下

 

現在のウォーターサーバの硬度はほとんどが30以下ですので、ほぼ問題はありませんが、念のため。硬度の数値を確認することを忘れないようにしましょう。

 

 

乳児がいない場合(大人が飲む場合)

乳児が一人もいなくて、大人の場合は硬水のほうが、健康によいとされています。
ミネラルなどの希少な栄養層を豊富に含む硬水のほうが、飲みやすい軟水より健康にはいいです。

 

しかし硬水の場合、飲み慣れていない間はおなか壊すこともあります。
また日本人には、圧倒的に軟水のほうが、まろやかでおいしいという人が多いのも事実です。
大人の場合、硬水か軟水かは嗜好の範囲の判断になるでしょう。

 

水の宅配業者は結局どこがいいの?