あなたに合った水は?

まずはブランドを選ぶ前に、硬水か軟水かを選ぶことが大切です。

 

スーパーに打っている水で硬水か軟水が書かれているのでそれぞれ試してください。
基本的なトレンドとして、日本人は角がたたないは軟水が好きなようです。

 

硬水は、慣れないうちは、お腹をこわすことがありますが、取得がむずかしいミネラルを摂取できることが健康にいいことがポイントです。

硬水を選ぶポイント

硬水は、まったりとして後を引く味です。
温めて飲むよりも、冷やして飲むのに適しています。
日本は軟水が多いですが、火山灰質の関東、甲信越などには硬水が多いです。

 

硬水はなだらかな山脈から作られるのは、山の土のミネラルを時間をかけて溶かすからです。ヨーロッパには硬水が多い理由でもあります。

 

人は体内でミネラルを生成することができないので、食物や飲料から摂取しなければなりません。

 

硬水であれば飲むだけで、ミネラルを摂取できます。
米がパサついてしまうため、炊飯には不向きです。

 

カルシウムには食物組織を硬化させる働きを持っているので、カルシウムを多く含む硬水で炊飯するのには向いていません。

 

野菜が煮崩れにくくなりますし、パスタをゆでたり、肉の煮込み料理には適しています。

 

ただし、一点だけ注意が必要です。乳児がいる場合は硬水はNG。

 

国内のウォーターサーバの水で、硬水を売っているのはほぼ存在しませんが、念のため乳児がいる場合には硬度を確認しましょう。

 

 

 

乳児がいる場合は硬水は×

軟水を選ぶポイント

軟水は、冷やしても温めてもおいしく飲むことができ、清涼感があり、後味が甘いといわれます。

 

そのまま飲むだけでなく、お米、和風だし、お茶やコーヒー、アルコール類の水割りがおいしくなり、野菜を柔らかく煮ることができます。

 

おいしさはもちろんですが、それだけではなく、実用性その効果から、日本人は軟水を好む傾向が強くなったのではないかと思われます。

 

軟水の中には硬度が極端に低い、超軟水と呼ばれる水もあります。

 

超軟水の代表的な水に、屋久島で汲み取られる屋久水があります。

 

最近ではスーパーでも売られていて、1本300円以上して高価ですが、水の透明度を感じてしまうほど飲みやすい水です。

 

 

 

 

水の宅配業者は結局どこがいいの?