富士青龍水の口コミと見解

富士青龍水は、富士山のバナジウム天然水です。

 

コストパフォーマンス的にもそれなりに安い天然水です。

 

水を入れるパックは使い捨てなのでかさばらないのが売りです。。

 

しかし、ガロンボトルではないようですが、空気に触れる部分が多いケースのようです。

 

気になるのは採水地です。

 

意見は分かれるでしょうが、「水の宅配の安全な選択基準」の「関東・東北圏内の天然水は×」で述べたように、
採掘地が山梨というのは、今のところ避けたほうが無難です。

 

静岡ではすでに4月の時点で水の汚染が確認されています。
すでにシンガポールでは、4月の時点で国際ガイドライン基準以上の放射線物質を検出したため、静岡産の野菜や果物の輸入が禁止されています。

 

土壌汚染については、ヨウ素などの半減期が数日程度の短いものはたいした影響はありませんが、セシウムなど半減期が20年もある放射線物質の汚染はこれからが心配です。土壌汚染や地下の深層水への放射性物質への影響は、雨などによる浸水で、地上の汚染から何ヶ月も時間がかかって汚染されるものだからです。

 

つまり、地下の深層水の汚染については、震災から半年くらい時間がたってからでないと、本当の影響はわからないということです。

 

ただし、富士青龍水のサイトを見る限り、放射線物質は検出されませんでしたとの報告があります。
この報告の真偽について、まったく疑いの余地がないとご自身が思うのであれば、自己責任で購入するのも問題はないと思います。