水道水が飲める国は?

日本は水資源が豊かな稀な国だと知られていますが、水道水が飲める国はどのくらいあるか知っていますか?

 

WHOの水準で言えば「世界で11カ国のみ」です。

 

飲める=それなりの水質レベルということまで考慮に入れると、日本以外には、カナダやロシアなど、ほんの数カ国です。

 

 

海外のほとんどの国は、水はもっと貴重な資源なのです。

 

これは、入浴のある習慣をもつのが、世界でほぼ日本だけというのにも関係しています。

 

欧州ではあまり浴槽につかりませんね。ホテルにとまってもシャワールームだけというものがよくあります。南ヨーロッパではシャワーとビデでバスタブはなしという組み合わせも良く見られます。

 

温泉もあるにはありますが、どちらかというと医療行為とみなされています。

 

アフリカや中東地域も水は貴重ですから、湯船とはますます遠い生活です。砂漠地帯だとコップ1杯の水で全身を洗ったりします。

 

中東のお金持ちのステータスは、家の中につかえる水の量がどれだけあるかです。

 

熱したお湯を一度に大量に使う設備が各家庭や客室に備わっている日本の住宅環境は、世界的には珍しいのです。