湖・河川・海の放射能の汚染度

2011年の震災で大量漏洩した放射線物質。

 

ウォーターサーバを選ぶにしても、水の放射線物質の汚染が気になります。

 

放射線物質の汚染は、ろ過処理するRO水でも、浄水場の水が汚染されていれば当然影響します。

 

天然水の場合、河川、湖、地下水の汚染そのものが影響します。

 

 

湖・河川・海の放射能の汚染度は、2012年2月時点でどうなっているのでしょうか?

 

興味深いことに、2012年1月15日にNHKスペシャルで、湖・河川・海の放射能の汚染の調査を以下の内容特集していました。

 

東京電力・福島第一原発の事故によって、大気中に、そして海に放出された大量の放射性物質。事故から10か月、放射能汚染はどこまで広がり、その影響はいつまで続くのか。その実態を明らかにするひとつの鍵が「水」という存在だ。

 

今回、NHKでは、専門家チームとともに初めて、原発から20q圏内の海の本格的な汚染調査を実施。同時に、陸においては、山間部の湖から河川もふくめた広範囲の調査も行った。そこからは、次々と新たな放射能汚染の実態が浮かび上がってきた。

 

予想もしない場所で発見されたホットスポット。山奥の湖で、人知れず進行していたワカサギやイワナなど淡水魚の汚染。いずれも放出された放射性セシウムが、「水」を媒介にして意外な影響をもたらしている現実だ。こうした結果は、これまで事故以来、様々な調査にもとづいて作られてきた日本列島の「放射能汚染地図」を改めて書き換える必要があることを意味している。

 

放射性物質はいかなるメカニズムによって運ばれ、魚介類に濃縮され、私たちの暮らしを脅かしていくのか、その知られざる実態に迫る。

 

 

NHKスペシャル シリーズ原発危機 知られざる放射能汚染 〜海からの緊急報告〜

 

 

NHKは、2011年8月から東京湾の放射能汚染調査を開始。

 

結果を簡単に説明すると、

 

「首都圏や関東平野に降下したセシウムは、東京湾に集積。

 

東日本の河川や湖の放射能汚染も進んでいて、魚の体内への蓄積も始まっている。

 

セシウムの収束には、今後20年以上の時間がかかる。」

 

ということでした。

 

 

 

昨年、ウォーターサーバを選ぶ際の基準として、「関東・東北圏内の天然水は×」、という基準を紹介しました。

 

復興する産業を応援したい気持ちはありますが、しばらくこの基準はそのままというのが、無難な判断といえそうです。