RO水には添加物を入れる

RO水には添加物を入れるって本当でしょうか?

 

水って不純物がまったくない真水だと実は「まずい」んです。水は不純物が多いほうがまずいと思われがちですよね。

 

本当はその反対、水以外の栄養素が入っているほうがおいしいと感じます。

 

というか、水以外の栄養素こそ、水のおいしさなんです。

 

 

RO水の場合、浄水器にはセラミックを入れたりしてわざわざ微量のミネラルを添加したりします。

 

高級な浄水器になると磁石の作用を加えるものがありますが、磁石には水をまろやかにする作用があるからです。

 

RO水で宅配水つかっている宅配水の場合は、ミネラル成分をわざわざ外から添加します。まさに人工添加物ですよね。

 

 

RO水の安全性のみに宣伝されて、RO水の天然水を選んではダメです。

 

RO水は、採掘コストがかからないので、宣伝費用を多く使えます。

 

CMなんかでは、フリクラ、アクラクララ、アルピナウォーターなどRO水を使った会社の宣伝のほうが圧倒的に多いですよね。

 

RO水宣伝の「赤ちゃんにも安心」という定番の文句にだまされてはダメです。

 

 

地球のミネラル成分が地球の磁場を通って出てくることを味覚は知っています。

 

天然水がおいしいと感じるのは、そのことを本能的に知っているからです。

 

RO水は、お金を払うほどの価値がない水です。

 

宅配水なら、安全な天然水を選んでください。