シェアが少ない宅配業者は△

販売シェアが小さい業者も避けたほうが無難です。

 

水は安全性や品質管理が求められるので、ある程度の販売規模があることがサービスの安定につながります。

 

販売シェアが大きいと、スケールメリットが働くので、人・モノ・金を十分品質に補充できるようになるからです。

 

水の安全性や品質管理のためには、コストがかかります。

 

きちんと水の品質管理しているかどうかは業者次第ですが、規模が小さいとやはり品質にコストがかけられないのがビジネスの実情です。

 

水宅配業者の販売シェアは、2010年の参考では以下のとおりです。

 

水宅配業者の販売シェアランキング

 

1位 フレシャス
2位 アクアクララ
3位 クリクラ
4位 クリティア
5位 オーケンウォーター
6位 コスモウォーター

 

水の宅配サービスでは、ある程度の販売規模があるほうが安心と考えます。

 

しかし、販売シェアは常に変動するので、あくまでも安全の目安の一つです。参考程度にしましょう。

 

 

 

水の宅配業者は結局どこがいいの?