トップページ >  ウォーターサーバーの選び方 >  赤ちゃん向けのウォーターサーバー

赤ちゃんのミルク向けウォーターサーバーの選び方~水の種類と硬度で比較

赤ちゃんのお腹には、天然水「硬水」はよくない

3月23日、東京都内の浄水場で乳児向け基準値を上回る放射性物質の検出されたことが発表されました。

関東では水道水に不安を感じて、ミネラルウォーターで赤ちゃんのミルクを作ろうとしているお母さんも多いと思います。

厚労省も「ミネラルウォーターは乳児に優先的に」との声明を出していましたが、赤ちゃんには良くない硬水のミネラルウォーターも多いのです。

乳児用ミルクをミネラルウォーターで作る際の注意が必要です。 基本的にミネラル値が高い硬水は赤ちゃんのお腹に良くない、またアルカリイオン水も好ましくないとされています。

硬水とは、カリウム・マグネシウム・カルシウム・亜鉛などのミネラルがたっぷり含まれている水です。 大人の栄養にはミネラルが多いほうがいいのですが、お腹ができていない赤ちゃんは違います。

森永乳業と明治乳業が水を乳児につかう際の指針を以下のように示しています。

森永乳業の指針:乳児につかう水

  • 「森永 やさしい赤ちゃんの水」など調乳用が良い。
  • それが手に入らず、水道水も使えない場合は、ミネラルウォーターを煮沸し、70℃以上に冷まして調乳に利用する
  • 日本製のミネラルウォーターで、ミネラル含量が少ない(硬度が低い)軟水の使用をすすめる


明治乳業:乳児につかう水

  • 粉ミルクは、国内の水道水での調乳した場合に、母乳にできるだけ近く、十分なミネラルになるよう設計されている
  • 無機塩類(ミネラル)が多量に含まれているミネラルウォーターでの調乳は、赤ちゃんに負担をかけてしまう可能性がある
  • 水道水が問題なく使用できる場合は水道水を使用するべき。
  • 水道水が使用できない場合はカルシウム等のミネラルが少ない市販水を選ぶ。


水の硬度の値の目安は以下の通りです。 乳児がいる場合、硬水かどうかの判断は以下を見て確認してください。

水の硬度の目安値

・硬度:60以下
・pH:6~8
・Mg(マグネシウム):30mg/L以下
・Na(ナトリウム):42mg/L以下
・Ca(カルシウム):285mg/L以下
・K(カリウム):367mg/L以下


現在のウォーターサーバの硬度はほとんどが30以下ですので、ほぼ問題はありませんが、念のため。硬度の数値を確認することを忘れないようにしましょう。

赤ちゃんが飲める水の硬度は?



厚労省も「ミネラルウォーターは乳児に優先的に」との声明を出していましたが、赤ちゃんには良くない硬水のミネラルウォーターも多いのです。

現在のウォーターサーバの硬度はほとんどが30以下ですので、ほぼ問題はありません。

"硬水"と改めて表現していないウォーターサーバの水は、硬度が30以下と思ってもよいでしょう。

しかし、念のため、きちんと硬度の数値を確認することを忘れないようにしましょう。

赤ちゃんに飲ませるペットボトルも硬度のチェックが必要!



乳児がいる場合、硬度の確認は、ウォーターサーバだけの話ではなく、ペットボトルの水も同様です。

硬水かどうかの判断を怠らないためにも、赤ちゃんに飲ませる水はウォーターサーバだけ、と決めてしまったほうが安心かもしれません。



乳児がいない場合(大人が飲む場合)

乳児が一人もいなくて、大人の場合は硬水のほうが、健康によいとされています。 ミネラルなどの希少な栄養層を豊富に含む硬水のほうが、飲みやすい軟水より健康にはいいです。

しかし硬水の場合、飲み慣れていない間はおなか壊すこともあります。

また日本人には、圧倒的に軟水のほうが、まろやかでおいしいという人が多いのも事実です。 大人の場合、硬水か軟水かは嗜好の範囲の判断になるでしょう。

赤ちゃんのミルクに向いているのは、天然水ではなくRO水(純水)

赤ちゃんのミルクに使う水は絶対に安全なものを!

赤ちゃんが産まれたことをきっかけにウォーターサーバーを導入する家庭は非常に多いです。

日本の水道水も水道法で厳しい基準を定めていますが、震災から数年過ぎた今でもセシウムが検出されたというニュースは耳にします。

産まれたばかりの赤ちゃんのことを考えるなら、より安全な水でミルクを作りたいですね。

不純物を取り除いた『RO水』が赤ちゃんのミルクにはいい

セシウムなどの非常に小さな不純物を取り除くシステムとして、『RO』システムがあります。ROシステムは、NASAが開発した特殊なろ過のシステムです。

通常のろ過では取り除けない不純物やミネラルを特殊なフィルターを用いて除去します。

水の中に含まれているミネラルの量のことを『硬度』と呼びますが、硬度が高い水はお腹を壊すことがあります。水の中に含まれるミネラルは山の地層から取り込むことが多いですが、国土の狭い日本は山の斜面が急なため海外と比べてミネラルを含んでいません。

そのため、日本の水道水は一般的に軟水とは言われていますが、実は場所によっては硬度60を超えた中硬水が家庭まで届いている地域も多いです。平らな土地の多い関東地方は川の流れが緩やかなため、ミネラルを豊富に含んだ中硬水であることも多いです。

また、赤ちゃんのミルクには、すでに赤ちゃんに必要な栄養素が詰まっているため、硬度の高い水は赤ちゃんにとって栄養過多になったり、お腹を壊してしまったりします。 赤ちゃんのミルクには、『RO』システムを使用した『軟水』が向いています。

赤ちゃんのミルクにはウォーターサーバの「温かいRO水」が手軽でベスト!

また、洗浄機でなくウォーターサーバーを設置することの利点として、常に80~90度の温水と、5度程度の冷水が出てくることが挙げられます。赤ちゃんのミルクは3時間おきに1日8回、離乳食の始めどきは生後5・6ヶ月頃や目安いのため、約半年はミルク用のお湯が必要な生活が続きます。

ポットは使えば使うほど電気代がかかるため、頻繁にお湯を沸かすのであればウォーターサーバーを導入したほうが電気代が押さえられます。ウォーターサーバーの電気代は月1,000円程度が一般的です。

何より温水が出るウォーターサーバーを導入すると、夜中にわざわざお湯を沸かさなくて良いためお母さんの負担が減ります。 洗浄機よりウォーターサーバーのほうが、家計の負担が減り何よりお母さんに優しいといえるでしょう。

赤ちゃんのミルクにはRO水(軟水)を選ぶ
赤ちゃんのために『RO水』を選ぶのがよいです。さらにその中から、硬度の低い『軟水』を家まで運んでくれるウォーターサーバーを紹介します。ここではお母さんや家計に嬉しいポイントも紹介しています。


ウォーターサーバーを「赤ちゃんのミルクに向いているか」でランキング!

RO使用、硬度1.05
「アルピナウォーター」は、赤ちゃんに優しいROシステムを使用した硬度1.05の超軟水です。多くのウォーターサーバーが12リットルボトルが主流の中、お母さんも楽にボトルを取り替えられる8リットルボトルのプランもあります。500mlあたり39.5円とコスパも非常によいです。

RO使用の水有り、硬度15(京都ボトリング工場)、硬度34(富士ボトリング工場)
「コスモウォーター」のプラスプレミアムは、ROシステムを使用した軟水です。ボトルが足元で交換できるタイプのサーバーもあります。

RO使用の水有り、硬度15
「恵ウォーター」のプラスプレミアムは、ROシステムを使用した硬度15の軟水です。500mlあたり47.9円とコスパもよいです。サーバーは複数の色が用意されているため、家のインテリアに合ったカラーのものが選べます。



赤ちゃんにもお母さんにも優しいウォーターサーバーはコレ!

「アルピナウォーター」はROシステムを使用した硬度1.05の超軟水のピュアウォーターです。一般的なろ過では取り除けない不純物を排除しているため赤ちゃんに優しいです。また、ミネラルも取り除いているためミルクの栄養と重複して栄養過多になる心配もありません。

ウォーターサーバーのボトルは12リットルボトルが主流ですが、アルピナウォーターでは8リットルのボトルで届く「アルピナ8」があります。1本のボトルが通常の12リットルボトルより軽いため、お母さんも楽に取り替えられます。

アルピナウォーターは、家計にも優しいです。アルピナ8の8リットルボトルで686円。500mlで39.5円なのでペットボトルを買うよりも安いです。 アルピナウォーターは、低コストで赤ちゃんとお母さんに優しいウォーターサーバーを導入したい人にオススメです。



目的に合ったウォーターサーバーを選ぶ!