トップページ >  ウォーターサーバーの選び方 >  オフィス向けウォーターサーバー

小規模オフィス用・法人向けウォーターサーバー3選~おしゃれでコンパクトがおすすめ


小規模オフィス用・法人向けのウォーターサーバーのメリット

従業員のリフレッシュや健康管理にいい

来客対応や従業員の満足度向上のために、ウォーターサーバーを設置する企業は増えています。ウォーターサーバーは5~10度程度の冷水と、80~90度の温水がすぐに飲めるようになっているため、来客時にちょうどよい温度のお茶を出すことが出来ます。 また、手軽に水分補給ができる環境を整えることで、従業員のリフレッシュや健康管理にもつながります。

災害のときの補給水は法人にも必要

2011年の東日本大震災では多くの帰宅困難者が出ました。いざというときのために水の備蓄は必須です。しかし、小さなオフィスにペットボトルを何本も置くと場所がかさばりますし、何より見た目が悪いです。 ウォーターサーバーはおしゃれなデザインのものも多いため、ペットボトルよりも圧倒的に見栄えがよいです。使用後のボトルは小さく畳むことが出来るため、ペットボトルのように場所をとることもありません。

ウォーターサーバーのランニングコストは安くなる

ウォーターサーバーを設置するときに気になるのが電気代だと思います。ウォーターサーバーとポットでかかる電気代は1,000円前後が一般的です。しかし、企業でウォーターサーバーを導入する場合、家と異なり夜間や休日などまったく人がいない時間があります。

使わない時間省エネしてくれるサーバーを選ぶことで、ポットよりも確実に電気代を減らすことが出来ます。 温水の使用頻度が少ない企業であれば、温水の出ない代わりに電気代を抑えてくれるウォーターサーバーを選ぶのも手です。


おしゃれでコンパクトなウォーターサーバーでオフィスを彩る
卓上タイプのコンパクトなウォーターサーバーは、小さなオフィスでも場所をとりません。色の豊富さだけでなく、オフィスに馴染む色合いのものを取り揃えているかにも着目しました。


ウォーターサーバーを「オフィス向けのデザインかどうか」でランキング!

幅300mm×奥行340mm×高さ775mm(サイフォンモデル)
フレシャスの「SIPHON(サイフォン)」は、オフィスに馴染むの3種から好きなカラーのサーバーを選べます。温水を使う機会が少ないのであれば、超小型でおしゃれな「carrio(キャリオ)」もオススメです。

幅280mm×奥行345mm×高さ753mm
アクアセレクトの「Aquaselect Life」は、7種類から、好きな色のサーバーが選べます。カラーが豊富なため、オフィスに合う色のサーバーを探しやすいです。

幅320mm×奥行330mm×高さ850mm
クリティアの「スリムサーバー卓上タイプ」は3種類から、オフィスに合う色のサーバーが選べます。レンタルだけでなく、よりインテリアに特化した販売モデルも取り揃えています。

オフィスに馴染むコンパクトなウォーターサーバーはコレ!

フレシャスは水だけでなく、サーバーのデザインにもこだわったウォーターサーバーです。 「SIPHON(サイフォン)」はナチュラルなホワイト、ブラック、ピンクの3種類からオフィスに馴染む色のサーバーを選べます。

オフィスで使うサーバーは家庭で使用する場合と異なり、夜間や休日など人がまったく使わない時間が発生します。サイフォンモデルでは業界初の光センサーを搭載しているため、部屋の明るさにあわせて人のいない時間は温水の分の電力を抑え、電気代を大幅にカットしてくれます。

「carrio(キャリオ)」は直方体のサーバーが多い中、丸みのあるデザインの超小型サーバーですが、冷水と常温水しか使えないのが難点です。しかし、非常におしゃれなデザインのため温水をあまり使わない企業であれば、イチオシのウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーやポットの月々の電気代は1,000円前後が一般的ですが、サイフォンモデルでは人がいない時間帯は省エネモードになるため月々約680円と大幅にコスト削減ができます。冷水と常温水のみのキャリオモデルでは約340円まで抑えることが出来ます。


目的に合ったウォーターサーバーを選ぶ!