トップページ >  > 天然水のウォーターサーバーを比較ランキング~2つの汚染物質に注意!

天然水のウォーターサーバーを比較ランキング~2つの汚染物質に注意!


ウォーターサーバーでおしゃれでおいしい天然水ライフはメリットだらけ!

「水道水はおいしくない」「お湯を沸かすのが面倒くさい」「福利厚生の一環としてオフィスにおきたい」など、さまざまなシーンでウォーターサーバーの需要が高まっています。

一般的においしい水は硬度の低い天然水です。
水は『天然水』と『RO水』に分けられます。富士山の地下深くなどから採水し水の不純物のみを除いた水を天然水、特殊なフィルターでミネラルなどの栄養分まで取り除いたRO水といいます。

RO水はミネラルまで取り除いてしまうため、水本来の美味しさが感じられません。おいしい水を飲みたいのであれば、天然水を選ぶほうが良いでしょう。

『硬度』は、0~60の水を軟水、60~120までの水を中硬水、120以上の水を硬水としています。硬度はゆったりと下ってきた水のほうがミネラルを豊富に含むことになります。
土地の狭い日本は山の斜面が急なため、軟水が多いといわれています。硬度が高すぎると、お腹を壊す可能性があります。

ちなみに日本の水道水は硬度10~100を目標値としていますが、どこの浄水場の水が届くかで大きく変わります。たとえば、千葉県などの関東平野に位置する県の水道水は硬度60以上の中硬水であることが多いです。
ウォーターサーバーの水は一定の場所で採水した水を業者が家まで届けてくれるため、浄水場で大きく左右される水道水と異なり安定した硬度の水を飲むことができます。

もちろん例外はあります。赤ちゃんの場合は、ミルクに必要な栄養分が含まれているため、余計な栄養の入っていないRO水のほうが良いでしょう。
一般的に硬水のほうがミネラルが豊富なため、ダイエットのために硬水を飲む人もいます。

また、オフィスなどに設置する場合、どんなに良い水でもデザインの悪いサーバーは置きたくないですね。当サイトでは、細かいシチュエーションにあわせたランキングページも用意しています。


ウォーターサーバーで病気予防?身体に良くて安全な天然水選び!

水は選び方ひとつで大病防止の万能薬になります。
『pH』は、0~6が酸性、7が中性、8~14がアルカリ性です。人の身体は弱アルカリ性の7.4のため、それよりもちょっとアルカリの強い8前後の水を取ることで、体内の酸化、ひいては動脈硬化の予防につながります。

動脈硬化は日本人の死因で2番目に多い心臓病と、3番目に多い脳卒中と密接にかかわっています。もちろんこれらの病気を予防するには他にも気をつけなければならないことはたくさんありますが、毎日飲む水をアルカリ水に替えることで、身体の酸化を少しずつ防ぐことができるでしょう。

採掘場所ですが、基本的に標高の高い場所や、地中深いところからとった水がよいです。私たちが普段生活している地上から遠い箇所のほうが空気がきれいですし、地中深い場所のほうが土壌の汚染の心配もありません。富士山の水の場合、玄武岩層が水をろ過してバナジウムをふくむようになります。

こちらのページでは、これらの条件から、本当においしくて身体に良い天然水のウォーターサーバーの選び方を紹介しています。


ウォーターサーバーの天然水の比較で、2つの注意点とは

天然水は、地下から採水するので、汚染させれている場合があります。

天然だから水は、完全にキレイ、というわけではないのです。

キレイじゃないかどうかと見極めるのが、2つの水汚染物質です。

2つの水汚染物質をできるだけ避けるべきです。

2つの水汚染物質とは、「放射線物質」と「硝酸態窒素」です。

「放射線物質」を避ける

「放射線物質」はもうお分かりでしょうが、東日本大震災の際、ばらまかれた放射線物質のことです。 福島第1原発から拡散した放射性物質(放射能)が付近の土壌や海水から検出されていますが、まだまだ調査不足としかいえない状況です。

水の宅配業者は、水道水と天然水を原水にしたもの分かれますが、どちらであっても当分関東・東北圏内の水を積極的に買うのは避けたほうが無難です。

放射能の安全基準の是非は当然あります。 しかし基準自体が動いたり、専門家の意見や調査がバラバラだったり、政府のデータが信用できなかったりと関東・東北圏内の水の安全を信じるには今の状況はあいまい過ぎます。

水を得る選択肢はいくらでもあるのですから、あえてリスクに飛び込む必要はないのです。 危険だから避けるのではなく、危険かどうかよくわからないうちは積極的な利用は避けるというのは、生きていくうえで当然の判断です。

【2016年追記】:
採水地が東北の場合は、セシウムの半減期が20年なので注意が必要ですが、 採水地が関東の場合は、各社が天然水の放射能の影響を公表しています。

採水地が多い富士山麓などの関東では、2012年ごろからまったく問題のない数値が確認されています。


「硝酸態窒素」を避ける

実は「硝酸態窒素」という汚染物質が、日本の水を汚染してます。 これは、東日本大震災に関係なくいわれていることです。



硝酸態窒素の水汚染

硝酸態窒素は、全国的に多少なり汚染されている状況なので、基本的にはろ過処理で不純物をどこまで取り除けるかしかありません。 天然水を採掘している場合は、採水の深度が100m以上であるか、そうでないならば、きちんとろ過処理をしているかなどの注意が必要です。

天然水のウォーターサーバーの人気ベスト5の実力を徹底比較!

比較 フレシャス クリティア アクアセレクト コスモウォーター 恵ウォーター

フレシャス

クリティア(プレミアムウォーター)

アクアセレクト

コスモウォーター

恵ウォーター
価格
フレシャス富士1,167円
フレシャス木曽1,183円
(7.2リットル)
1,890円
(12リットル)

お住まいエリア外の天然水を選ぶと送料108円
1,253円
(8リットル)
富士の微笑み2,138円
富士の響き1,944円
京都の天然水1,900円
日田の誉 2,052円
(12リットル)
富士の恵2,138円
富士の奏1,944円
京の恵1,900円
日田の恵2,052円
(12リットル)
500mlあたりの価格
フレシャス富士
約81.0円
フレシャス木曽
約82.2円

約78.8円

お住まいエリア外の天然水を選んだ場合
約88.0円

約78.3円
富士の微笑み
約89.1円
富士の響き
約81.0円
京都の天然水 79.1円
日田の誉85.5円
富士の恵
約89.1円
富士の奏
約81.0円
京の恵 79.1円
日田の恵 85.5円
水の種類 天然水 天然水 天然水 天然水、ROも有 天然水、ROも有
水の硬度
フレシャス富士 21
フレシャス木曽 20
富士山のお水 25
金城のお水 83
阿蘇のお水 36
30 富士の微笑み 30
富士の響き 68
京都の天然水 30
日田の誉 62
富士の恵 30
富士の奏 50.3
京の恵 30
日田の恵 62
天然水の汚染度(2種) 問題なし 問題なし 問題なし 問題なし 問題なし
水のpH
フレシャス富士 8.31
フレシャス木曽 7.5
富士のお水 8.3
金城のお水 7.7
阿蘇のお水 7.5
8.2 富士の微笑み 8.0
富士の響き 7.7
京都の天然水 6.9
日田の誉 7.8
富士の恵 8.0
富士の奏 7.8
京の恵 7.2
日田の恵 7.7
採水場所・深度など
フレシャス富士:標高1,000m、深度273m
フレシャス木曽:森林率
96%の自然環境の湧水

富士のお水:標高950m、深度200m
金城のお水:深度700m
阿蘇のお水:深度100m

過去11回水質1位をとった宮川の湧水

富士の微笑み:富士五湖の中で最も富士山に近い山中湖
京都の天然水:深度130m
日田の誉:深度750m

富士の恵:標高1,000m
日田の恵:深度750m
水の賞味期限 6ヶ月 6ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 3ヶ月
評価
おすすめ!

まあまあ

うーん・・・

まあまあ

うーん・・・
公式サイト
スマホの場合、表が右(→)にスライドできます

賢い天然水の宅配ウォーターサーバーの選び方

いろいろな業者がウォーターサーバーを扱っていますが、ひとえに水といってもさまざまな違いがあります。
ウォーターサーバーの選びのポイント!
  軟水かどうか(硬度~60)
  pHがどうか(pH7.4~8.0前後)
  採水場所の標高や深度がはっきりしているか
  採水した天然水が汚染されていないか
  他より安くて、コスパがいい
毎日飲む水だからこそ、おいしくて身体に良いものを選びましょう!

天然水のウォーターサーバーの総合評価ランキング!

順位 商品名 金額 商品詳細詳細

941点
フレシャス 1,167円(7.2リットル) 水の品質にこだわったバナジウム天然水!
硬度21、pH8.31のおいしくて身体に良い天然水です。富士山の標高1,000mの地点から地下273mで汲み上げたとてもきれいな水を原水としています。
フレシャス

815点
コスモウォーター
1,200円(12リットル) 水質の良い天然水が選べる
富士山麓の天然水、天然亜鉛・有機ゲルマニウム含有天然水、バナジウム含有天然水、まろやかな味の京都の天然水、の4種類から選べます。 コスモウォーター

705点
クリティア(プレミアムウォーター) 1,890円(12リットル)
お住まいエリア外の天然水を選ぶと送料108円
硬度・pHともに良し
硬度25、pH8.3の硬度、pHともに良い天然水です。富士山の標高950mの地点から地下200mで汲み上げています。
クリティア(プレミアムウォーター)
おいしくて身体に良い水が飲めるウォーターサーバーはコレ!

「フレシャス」は採水場所にこだわった天然水が飲めるウォーターサーバーです。硬度21の軟水のため口どけがよく、体内よりも少しアルカリ性の強いのpH8.31の水のため、毎日の飲料水とすることで体内の酸化を防止します。

水の分子の大きさを表すクラスター値が120~140Hzのところ、フレシャス富士では76Hzと非常に小さいです。クラスター値は小さいほど細胞に吸収されやすいため、体内の隅々まで水の成分が届きます。

フレシャス富士のプラントは開発可能限界地点の標高1,000mに位置しています。さらに、7層ある玄武岩層のうち4層を貫通した地下273mで採水しているため、玄武岩層でろ過された非常にきれいなバナジウム天然水を飲むことができるのです。

フレシャスの水がきれいなことは、溶存酸素の数値が証明しています。溶存酸素とは水の中にどのくらい分子状の酸素が含まれているかの指標です。分子状の酵素は水が汚れているほど多く消費され、また水を沸騰させると消えてしまいます。

つまり、溶存酸素の値が大きいほどきれいで自然に近い水であることが分かるのです。きれいな水の溶存酸素は5.0mg/リットルといわれていますが、フレシャス富士の溶存酸素はこれを大きく上回る9.4mg/リットルとなっています。

フレシャス富士は毎日の飲料水として最適な硬度とpHの天然水です。それに加え、多くのウォーターサーバーが表記していないクラスター値や溶存酸素でも非常に優れた数値を出しています。

最高品質の天然水を採水しているフレシャスですが、サーバーがインテリアに合うおしゃれなデザインであることでも有名です。今なら、申し込むとAmazonギフト券2,000円分が貰えるキャンペーンも行っています。