トップページ >  > ウォーターサーバーは純水(RO)か天然水か比較!メリット・デメリット

ウォーターサーバーは純水(RO)か天然水か比較!メリット・デメリット

ウォーターサーバーの天然水とRO水(純水)の違い

天然水とRO水の違いはなんでしょうか?

ウォーターサーバで売られている水は、天然水とRO水の2つに分けられます。

天然水は地下から採掘する水、RO水は水道水を処理した水です。

RO水(純粋)って?

RO水とは、Reverse Osmosisの略式で、半透膜と呼ばれます。水分子しか通さない膜を用いて水に圧力をかけ不純物をこして純水だけを取り除く方法を用いて生成された水を指します。理科の実験で「蒸留水」を作りましたが、要はアレです。

半透膜の精度によってRO水の純度は異なりますし、水分子以外のものを決して通さないとはいえませんが、水としての純度を高めた、いわゆる「真水」ですね。

水以外の成分がほぼ混在していないことが大きな特徴で、真空状態なら緊急時用等の保存性がよいです。

しかし、純水であることから雑菌が繁殖しやすいため、環境にもよりますが開封後は四日前後で消費しきることが望ましいです。

またRO水には水分子以外の栄養素が含まれていないので、天然水のようにミネラル分は摂取できません。

このサイトでは、RO水より天然水を圧倒的におすすめしています。

天然水って?

天然水は特定の水源地で採水された水を指します。

たいていの天然水は、簡単な加熱殺菌・ろ過・沈殿処理などが行ないます。

RO水と違い、ミネラルなどの栄養素を多く含みます。天然水には豊富なミネラルが含まれています。

ミネラルは体の中で生成することはできないので、生体元素のミネラルは希少です。水を飲むだけでミネラルが補充できるのはうれしいことです。

ミネラルを摂取する機会が減ると、いろんな病気にかかりやすくなります。

ミネラルが足りないと糖尿病や癌、ストレス性疾患などの重大な生活習慣病を招く原因となる恐れがあるといわれています。

うつ病もミネラルが足りないことと関係しているといわれています。

このサイトで、RO水より天然水を圧倒的におすすめしている理由です。



ウォーターサーバーのRO水(純水)はやめたほうがいい理由

ウォーターサーバーをレンタルするなら、基本的にRO水(純水)はやめたほうがいいです。 赤ちゃんのミルクに使う人以外は、天然水を選んだほうがいいです。

RO水(純水)はやめたほうがいい理由を挙げていきます。

RO水(純水)の味はおいしくない



水のおいしさを決める大きな要因は、「ミネラル」と「硬度」です。

ミネラル分が水を美味しくしますが、RO水には何も含まれていません。 RO水は、無味無臭なので、なにも味がしません。

何の味もしない水を飲むと、それだけではエグ味があり、とても飲めた味ではありません。

理科の実験で、蒸留水を飲んだことがある人ならわかると思いますが、味がなく、 どろっと、口の中で吸いつく感じがあります。

ですから、宅配水で、RO水をうたっている業者は、ミネラル分をわざわざRO水に添加している場合がほとんどです。 RO水の宅配水は、行ってみれば不自然な形で、味の体裁を整えているのです。RO水は人工添加物が足された「人工水」といいでしょう。

反対に、宅配水で扱う天然水には、おいしく感じる「ミネラル」と、日本人がおいしいと感じる「軟水」がほとんどです。 また自然に、水の中に天然鉱物=ミネラルが含まれているので、おいしいと感じることはもちろん、健康にもよいことは間違いありません。

宅配水ならRO水より、天然水を選ぶことが一番です。



RO水(純水)には添加物を入れる

RO水には添加物を入れるって本当でしょうか?

水って不純物がまったくない真水だと実は「まずい」んです。水は不純物が多いほうがまずいと思われがちですよね。

本当はその反対、水以外の栄養素が入っているほうがおいしいと感じます。

というか、水以外の栄養素こそ、水のおいしさなんです。



RO水の場合、浄水器にはセラミックを入れたりしてわざわざ微量のミネラルを添加したりします。

高級な浄水器になると磁石の作用を加えるものがありますが、磁石には水をまろやかにする作用があるからです。

RO水で宅配水つかっている宅配水の場合は、ミネラル成分をわざわざ外から添加します。まさに人工添加物ですよね。



RO水の安全性のみに宣伝されて、RO水の天然水を選んではダメです。

RO水は、採掘コストがかからないので、宣伝費用を多く使えます。

CMなんかでは、フリクラ、アクラクララ、アルピナウォーターなどRO水を使った会社の宣伝のほうが圧倒的に多いですよね。

RO水宣伝の「赤ちゃんにも安心」という定番の文句にだまされてはダメです。



地球のミネラル成分が地球の磁場を通って出てくることを味覚は知っています。

天然水がおいしいと感じるのは、そのことを本能的に知っているからです。

RO水は、お金を払うほどの価値がない水です。

宅配水なら、安全な天然水を選んでください。



宣伝が多いのはRO水の宅配業者

RO水の安全性のみに宣伝されて、RO水の天然水を選んではダメです。

RO水は、採掘コストがかからないので、宣伝費用を多く使えます。

CMなんかでは、フリクラ、アクラクララ、アルピナウォーターなどRO水を使った会社の宣伝のほうが圧倒的に多いですよね。

RO水宣伝の「赤ちゃんにも安心」という定番の文句にだまされてはなりません。



RO水は、逆浸透膜水といって、単にろ過しただけの水です。

ただの真水ですから、基本的に水道水をろ過すれば、できてしまいます。

繊維質フィルターを含む容器に水道水を入れるだけでできてしまうのです。

採掘しないので、RO水がコストがかからないことがわかりますよね。フリクラ、アクラクララ、アルピナウォーターなんかがCMをバンバン打る理由なんです。



元は水道水(RO水)の宅配業者はNG

水道水の宅配業者はNGです。

水道水にRO膜処理を施した水、いわゆるRO水を売っている水の宅配業者です。

もしもRO水がほしいなら、私なら4万円くらいのRO膜が付いた浄水器を買って、自分の家で水道水をろ過して飲みます。

水道水自体が悪いというわけではありませんが、お金を出してまで、買うものではないという判断です。

RO水は間違いなくきれいな水で、限りなく純水に近い状態です。その分、ミネラル分を含まない湯冷ましのような感じの味になるので、RO水は天然水のと違っておいしくないのです。

ミネラルなど体にいい希少物質を含まないので、栄養的にもRO水は天然水に劣ります。

また、水道水を源水として使うほうが、天然水より安全だという意見もあるようですが、それも違います。

たとえばクリクラは、水道水をつかう理由を 「最近では天然水の採取場所の環境破壊や硝酸性化合物の混入などの影響で、天然水が必ずしも安全であるとはいえなくなっているからです。」といっていますが、天然水と同様、水道水も日本においては汚染されてしまっています。

実は「硝酸態窒素」という汚染物質が、日本の水を汚染してるのです。



硝酸態窒素の水汚染

水道水も上記の表をみればわかるとおり、全国的に程度の差はあれ、汚染が進んでいます。水道水も安全とはいえないのです。

また震災後の水道水は、少なくとも東日本圏内の浄水場で「放射線物質」の汚染まで加わっているので、選択には細心の注意が必要です。



RO水(元水道水の純粋)をつかった水の宅配サービス

最近は業者だけではなく、水道局も先進的なろ過装置を取り込んでいます。ろ過技術自体も進化しているので、通常の水道水も今では大分キレイなのです。

業者と水道局で、ろ過技術の程度には多少の差があるとしても、RO水のもとは同じ水道水です。

RO水は元水道水なので、わざわざ宅配業者から買う理由はないと考えます。



天然水をつかった水の宅配サービス

天然水も汚染が進んでいる地域があるのも事実です。採掘する深度にもよります。

採水の深度が100m~200m以上である場合は、汚染の影響は薄いといわれています。そうでない浅い深度で採水している場合は、ろ過処理をしているかどうかが選択基準になりますが、多くの業者はこの点をクリアしているようです。

栄養的にも、おいしさ的にも、天然水のほうがRO水より優れているといえます。



RO水の宅配業者の一覧

RO水の宅配業者一覧です。

RO水の宅配業者は、製造コストがかからないので、宣伝ばかりで有名ですが、ここは価値なしですよ。 (ただし、赤ちゃんのミルクの用途はRO水のほうがいいので、それだけは別です。)

いくら水の単価が安くてもRO水は元水道水です。

RO水に、お金をかけるのはもったいないです。

宣伝をみるとどれがいいのか迷いますが、宅配水ならRO水は避けましょう。

この業者はRO水!です↓

クリクラ

アクアクララ

クリスタルクララ

アルピナウォーター

ワンウェイウォーター

オアシス

北アルプスから8リットル

TOKAI(トーカイ)

フォーレスの水

鳥居商店

アルペン・ピュアウォーター

宅水便のキララ